知っておくと役に立つ、新築一戸建購入をよく知る連載コラム

「リゾート」がテーマの街に暮らす

家と街並みの関係は、住む人の満足感に大きな影響を及ぼします。その点、新築一戸建て分譲住宅は、住宅一邸から街全体に至るまで統一されたデザインを施すことが可能。「家と同じように、街にも愛着をもって暮らしたい」という住む人の想いを叶えます。

そこで今回は、「リゾートを感じる暮らしを日常に」をコンセプトに建築が進む、ポラスの『パレットコート越谷レイクタウンリゾート』をリポート。人、暮らし、家、街を彩る、新築一戸建て分譲住宅ならではの「デザインの力」を探ります。

98邸のエクステリアが織りなす美しい街並み

埼玉県越谷市の南東部における「レイクタウン整備事業」では、広大な調整池とJR武蔵野線の新駅「越谷レイクタウン」を中心とした新しい市街地の開発が進んでいます。その開発エリアの南部に位置するのが、ポラスの『パレットコート越谷レイクタウンリゾート』。現在、全98邸の建築が進行中です。

レイクタウンの象徴的な存在である調整池では、カヌーなどの水上スポーツができるほか、ジョギングや散歩が楽しめる散策路も整備されています。そうした水に親しむ環境を活かし、『パレットコート越谷レイクタウンリゾート』は、「水辺のリゾートライフ」を感じられる家と街区を4つのスタイルで展開しています。全体計画の第1期は、シンボルツリーにヤシの木を配した「ハワイアンリゾート」。木やタイルなど素材感のあるインテリアや、白砂を用いたエクステリアでリゾートの趣を演出しています。

続く第2期から第4期は、「地中海リゾート」「カルフォルニアリゾート」「アジアンリゾート」を計画。各街区とも外壁は白を基調とし、統一感のある街並みに。ベビーカーでも安心して通れる幅4mの歩道や150㎡を上まわる区画、景観と防犯性を高める「灯かりのいえなみ協定」によるガーデンライトなど、リラックスした雰囲気を醸す街づくりが特徴です。

清々しい白い家並みと緑の植栽。気持ち良い風が抜けるホームタウンに、家族や愛犬とともに暮らす様子を想像すると、時間がゆっくりと流れるような気がしてくるから不思議です。

「ハワイアンリゾート」を感じる住まいのデザイン

「リゾート感のある住まい」への漠然とした憧れがある一方で、住まい手の多くが、インテリアを含めた自宅のコーディネートに悩みを抱えているのではないでしょうか。そこで、ポラスのインテリアコーディネーターである稲吉まゆみさんに、インテリアデザインのポイントを伺いました。

『パレットコート越谷レイクタウンリゾート』の「ハワイアンリゾート」モデルハウスを手がけた稲吉さんは、「ナチュラル感と落ち着いた雰囲気を備えた空間だからこそ、ハワイアン雑貨の彩りが映えます。風情のあるリゾートホテルのラウンジをイメージしてみるのもいいかもしれませんね」と話します。空間のベースをシックに仕上げることで、ハイビスカスなどのポップなモチーフ柄も、カジュアルになり過ぎずに採り入れられるそう。

具体的なヒントは、モデルハウスのインテリアにも見つけることができます。リビングは、白い壁にウォールナット色の床材を組み合わせて、モノトーンを基調とする上質な大人の住空間に仕立てています。また、タイル貼りのデザインウォールに立てかけてあるサーフボードは、調整池で楽しむカヤックのパドルに置き換えることもできそう。飾り棚や窓枠を利用したディスプレイなど、日常の中にリゾートを演出するアイデアを見つけられます。

さらに、ラタン(籐)のソファや木製ブラインド、木製シーリングファンなど、家具類にも素材感を求めると、よりリゾートライクな印象になるとも。「全体が落ち着き過ぎる印象なら、ビビッドな柄のラグを敷いてみて。空間が引き締まりますよ。モンステラなどの南洋系グリーンも効果的です」と稲吉さん。ちなみに、観葉植物や絵画を飾るときは、飾り棚のほかにも通路や部屋の突き当たりなど、アイキャッチとなる場所を選ぶといいそうです。

もちろん、ポラスの新築一戸建て分譲住宅では、稲吉さんのようなプロのインテリアコーディネーターによる空間デザインも提供しています。稲吉さんが主任を務める越谷ショールームでは、カーテンや家具の最新モデルから定番まで揃えているほか、照明器具やファブリックなどの雑貨も購入可能。モデルルームで気になったアイテムを探しに、気軽に立ち寄ることができます。

愛着のもてる住環境を育むデザインの力

現在進行形で大規模開発が続く「レイクタウン整備事業」では、多数のハウスメーカーがさまざまなスタイルの住宅を展開しています。そうした中、ポラスの新築一戸建て分譲住宅が独自の存在感を放っているのは、「リゾート」という明確なコンセプトを掲げ、それをカタチにしているから。外壁の塗り直しに関しても街区で基調色を定めたり、通りに面した植栽を住人ひとりひとりが大事にしたり。家も街も、暮らしもデザインしていくことで、自然と価値観の近い住人によるコミュニティが形成され、ホームタウンのデザインを長きに渡り守っていく好循環が生まれるようです。

『パレットコート越谷レイクタウンリゾート』に見る新築一戸建て分譲住宅のデザインの力。それは、良好な住環境を育む住人のモチベーションを喚起し、住まいと街の資産価値を高めるものとして、街並みの完成後も大きな役割を担い続けるでしょう。

コラム執筆
 
住宅&インテリアマガジン『LiVES』ライター 畑野暁子

ページの上へ

これから販売を開始する物件

現場見学会情報はこちら
用地情報募集

いままでに見た物件

最近チェックした物件

チェックした物件の資料をもらう。

最近の検索

「住宅の買い時と税の関係」住宅購入制度のお話
ポラスオリジナルローンシミュレーター
まちづくりの実績
  • ポラスが選ばれる理由
  • 安全・安心の住まいづくり
  • 直営責任一貫施工体制
グッドデザイン賞受賞
住宅販売総合部門NO.1
お客様の声
ポラス暮し科学研究所
  • 浦和レッズ応援スペシャルサイト
  • キャリア採用ページ

埼玉、千葉、東京エリアの新築一戸建て住宅はポラスまで

Page Up

COPYRIGHT [C] 2011 POLUS GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.