草加市の情報

草加松原遊歩道

草加市はこんな街

草加市は、埼玉県南東部に位置し、人口は約24万2千人、世帯数は10万4千世帯の市である。
関東平野のほぼ中央部に位置し、市内には綾瀬川をはじめ多くの河川がある。江戸時代に日光街道で江戸から2つ目の宿場町草加宿として栄え、松原団地の造成や東武伊勢崎線と営団地下鉄(現東京メトロ)の相互直通運転開始により急激な都市化が進んだ。当時引越しにより市民となった人が多いため、若年層の人口が比較的多いのが特徴。
草加市で全国的に最も知名度が高いものといえば、日本を代表する米菓である草加煎餅(せんべい)があげられる。それ以外にも、さらし業や浴衣染めが市域南部を中心に幕末から栄えた。
交通アクセスは、東武伊勢崎線と東京メトロ半蔵門線、東急田園都市線との相互直通運転で、大手町駅や表参道駅にアクセスが可能となり、押上駅や錦糸町駅・九段下駅、渋谷駅・三軒茶屋駅、二子玉川駅・長津田駅、中央林間駅への直通も運転されている。

そうか公園

草加市の住環境

草加市は総面積において、27.42平方キロメートル、可住地面積においてもほぼ同じ27.40平方キロメートルとなっている。可住地の人口密度は1平方キロメートルあたり約8,900人である。
持ち家率は約6割、借家率は約4割程度である。居住者はファミリー層・DINKS層が6.5割程度、その他が3.5割程度である。用途地域は、82.0パーセントが住居系の指定となっており、駅周辺ではマンション供給が多い。その他土地条件、都市基盤整備の状況や、駅からの距離などによって一戸建てなど様々なタイプの住宅地が形成されている。
工業地は、新大宮バイパス沿道や吉野町、上野・古ヶ場地区などに集積。農地・緑地は、河川沿いの低地などにまとまっているものの、市街地内にも工業地や農地・樹林地が散在している。
公園数が264と多く、子育てしやすい環境が整備されているといえるだろう。

関連リンク

ページの上へ

これから販売を開始する物件

現場見学会情報はこちら
用地情報募集

いままでに見た物件

最近チェックした物件

チェックした物件の資料をもらう。

最近の検索

「住宅の買い時と税の関係」住宅購入制度のお話
ポラスオリジナルローンシミュレーター
まちづくりの実績
  • ポラスが選ばれる理由
  • 安全・安心の住まいづくり
  • 直営責任一貫施工体制
グッドデザイン賞受賞
住宅販売総合部門NO.1
お客様の声
ポラス暮し科学研究所
  • 浦和レッズ応援スペシャルサイト
  • キャリア採用ページ

埼玉、千葉、東京エリアの新築一戸建て住宅はポラスまで

Page Up

COPYRIGHT [C] 2011 POLUS GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.