『毎日の暮らしが快適な、再開発エリアに住まう』

2014年8月5日

そもそも再開発エリアってなに?

都市機能を向上させるために、街そのものをつくり変える「再開発」。都市部では職住近接型の街区が誕生し、郊外においても良好な住環境の整備をメインとする新しい街が見受けられます。

経済の活動拠点や交通網の整備を目的とするなど、再開発にはさまざまなスタイルがありますが、ここでは暮らしの環境に重点を置く、市街地住宅を含めた再開発に注目していきましょう。

計画地は街単位となるため、ある程度の規模が得やすい郊外の土地利用が活発です。学校の統廃合による跡地利用や、新駅の創設にともなう駅周辺の土地活用なども再開発に当てはまります。

再開発エリアの住宅街は、乱開発の防止や良好な住環境を実現するため、住宅のほかに提供公園(※1)や共用通路などの設置が義務付けられている場合もあります。そのため、風通しや日当たり、雰囲気もよい街づくりが期待できます。

※1 住宅街の周辺地域にも開放された共用空地。自治体などが管理する。

暮らしやすさを考えて生まれた街と家

郊外の再開発エリアには、日々の暮らしに必要な機能がそろっている、あるいは計画中であることがほとんど。大型商業施設やクリニックなどの進出が目立ちます。また、緑地や水辺、大規模な公園など、自然を取り込んだ市街地計画も魅力です。

利便性と自然の豊かさを両得できる環境は、子育て世帯にも人気がある様子。住宅街の新築一戸建て分譲住宅は、アウトドアライフやのびのびと子育てを楽しむファミリー層にフィットするプランが見られます。リビング階段のある広々としたLDKや、将来間仕切りできる可変性のある子供室など。家族で楽しめる菜園があらかじめ庭先に計画されている事例もあります。

将来性を考えて選ぶホームタウン

子育て中はもちろん高齢になってからも、コンパクトな生活圏のなかで日常の用事が足りる暮らしは便利なもの。商業施設や病院、学校や公園など、生活に必要な機能が集約された街は、将来的にも資産価値を維持できる可能性があります。

また、駅や幹線道路、高速道路のインターチェンジなどの新設をきっかけに計画される再開発エリアは、周辺地域と比べて資産価値が下がりにくいと考えられます。

街ごと体験してみよう

再開発エリアの新築一戸建て分譲住宅を見学する際は、家を内覧するだけでなく、住宅街やその周辺もぜひ散策を。街をまるごと体験することで、再開発エリアの特色や雰囲気を感じることができるはずです。

ここで、ポラスが提供する再開発エリアの新築一戸建て分譲住宅地を見てみましょう。水辺に親しむリゾートライクな暮らしをコンセプトに掲げるのは、今年の夏に販売開始予定の『パレットコート越谷レイクタウンプロジェクト』です。周辺河川の治水を担う大規模な調整池を中心とする再開発エリアに、全98戸の新築一戸建て分譲住宅地が誕生。ほかにも、JR武蔵野線の新駅『吉川美南』の開業に合わせた再開発なども展開しています。

再開発エリアには、街の集約機能のほかにそれぞれの土地の個性が反映されていることが、ポラスの例からもわかります。また、大規模な再開発エリアの新築一戸建て分譲住宅の特徴として、告知から販売開始までの期間が長くなるケースがあることを知っておくとよいでしょう。販売前であっても、住宅メーカーなどの専用サイトから詳細情報にアクセスできるので、エリアや街づくりが気になる物件は事前にチェックしておくと参考になります。注目度の高い再開発エリアは、必然的にエリア内の新築一戸建て分譲住宅の人気も高まる傾向があるので、早めの情報収集がおすすめです。

用地募集
このページのトップへ戻る