ポラス(POLUS)の新築一戸建て・分譲住宅を全物件掲載/公式サイト | ポラスグループ

松戸市の情報

松戸祭り

松戸市はこんな街

千葉県北西部に位置する松戸市は、東京都に近いためベッドタウンとして栄え、総人口48万人と千葉県内3位。
南北に江戸川が流れ、平野や台地がほとんどで見晴らしがいいため、古くから人々が暮らしてきた歴史を持つ。縄文時代の遺跡や古墳も発掘されている他、平安時代に書かれた更級日記にも松戸市と思われる地名が記されており、中心部に近い場所であるため、古くから宿場町として栄えていた。また、肥沃な土壌を持っていることから長い間農村地域としても発展してきた。
現在は東京都近郊の都市として開発が進み、人口も未だに上昇を続けている。スポーツ施設は20か所以上、会館やホールは10か所以上あり、公園や博物館、図書館、子育て支援施設なども充実している。交番は12件、病院は500件を超えているため、立地面だけでなく環境面でも安心して快適に生活することができる。
また、毎月のように祭りやイベントが開催されている。

21世紀の森

松戸市の住環境

松戸市は総面積において、61.33平方キロメートル、可住地面積においては、59.20平方キロメートルとなっている。可住地の人口密度は1平方キロメートルあたり約8,000人。また、人口増加数(2005〜2010)は約12,000人となっている。面積が県内30位くらいであるにもかかわらず、人口増加数が5位くらいの多さとなっている。
持ち家率は約6割、借家率は約4割程度である。居住者はファミリー層が3.5割程度、DINKS層が3割程度、その他が3.5割程度である。賃貸物件における平均賃料はワンルームで約4万円、1KやDKやLDKで約5万円、2LDKで約6万、3LDKになると約8万円前後となっている。
松戸市は子育て関連の取り組みに積極的で、出生届の提出(12歳以下の子供の保護者が大正)で「子育てみらいカード」が交付され、カードの提示で市内商店などでさまざまなサービスが受けられたり、医療費が小学6年生まで助成を受けられたり、他にも様々な取り組みを行なっている。