八潮市の情報をチェック!

八潮市の情報

八條親水公園

八潮市はこんな街

八潮市は、埼玉県の東南部、都心から北東15キロメートルに位置し、中川低地上にある。東は三郷市、南は足立区・葛飾区・西と北は草加市に接している。面積は18.03平方キロメートル。東西が5.23キロメートル、南北が7.45キロメートルの花瓶形をした地形で、標高は1〜4メートル、東に中川、西に綾瀬川、南に垳川の河川に囲まれ、古くから河川の恩恵を受けて来た。
人口は8万4千人で、世帯数は3万5千世帯。
つくばエクスプレス線が市の中央(八潮駅)を走っており、八潮駅から成田空港への高速バスと羽田空港への高速バスが便がある。
観光スポットの中川やしおフラワーパークでは、春は菜の花、秋はコスモスなど四季折々の花々が人々の目を楽しませてくれる。八条親水公園の桜並木も有名で、季節になると桜のトンネルができ、その中を散策できる。
病院は、内科22件、小児科11件、産婦人科2件。小学校は10校、中学校は5校ある。

大経寺観音堂

八潮市の住環境

八潮市は総面積・可住地面積において、18.03平方キロメートルとなっている。可住地の人口密度は1平方キロメートルあたり約4,600人である。人口増加率は2000年〜2005年で101%だったのに対し、2005年〜2010年で110%となっており、新しく鉄道駅ができたことにより急速に増加していることが伺える。
持ち家率は約6.5割、借家率は約3.5割程度である。居住者はファミリー層が4割程度・DINKS層が3割程度、その他が3割程度である。
八潮市は乳幼児・子供への医療費助成もあり、子育て支援にも力を入れている。
市内では、つくばエクスプレスが開通に伴い、大型商業施設や大型住宅開発が駅周辺で行われており、今後ますます不動産の開発が進められることが予想される。ロケーションは東京都にも隣接しており、秋葉原までの所要時間は20分程度の好立地となっている。

用地募集
このページのトップへ戻る