江東区の情報をチェック!

江東区の情報

夢の島公園

江東区はこんな街

東京都23区城東地区の江東区は、人口47万人で23区中8位の区である。
区内には北部をJR総武線と都営新宿線、営団半蔵門線が、中部は営団東西線、臨海部をJR京葉線や臨海線、営団有楽町線が東西を横行し、中央区や千代田区、港区への東西の往来は非常に発達している。
区は臨海部の青海・東雲・辰巳・潮見・豊洲地区、東部の門前仲町・深川地区、中西部の砂町地区、北西部の亀戸地区に分けられている。
臨海地区は今もなおタワーマンションの建設が相次ぎ、人口が増え続けている区である。
四季折々の花が咲く夢の島公園は都民の憩いの場となってる。熱帯植物館は、珍しい熱帯植物が巨大ドームの中で異国ムードを漂わせ、ゆっくりと楽しみながら植物について学ぶことができる。
深川門仲エリアには江戸三大祭りに数えられる富岡八幡宮や深川神明宮や深川不動尊など江戸時代から続く伝統的な寺社が多く、清澄庭園や木場公園など緑豊かな憩いの場も多い地である。
砂町エリアは足立区と並ぶ23区内屈指の生活物価の安い地で、昔ながらの商店街が残る下町風情ある地である。
江東区の行政の中心は東陽町で、都内3か所しかない運転免許試験場の一つである東陽運転免許試験場がある。

東京ビックサイト

江東区の住環境

江東区は総面積・可住地面積において、39.94平方キロメートルとなっている。
江東区の住宅事情は、臨海部と内陸部に別れて大きく異なる。
臨海部では豊洲地区を経済、商業の中心にし、有明・青海・東雲・潮見など豪華高層タワーマンションの建設が相次ぎ、従来からの公営団地の多い辰巳・塩浜・枝川などと合わせ、東京の一大ベッドタウンとなっている。巨大商業施設が豊洲・東雲・木場の3か所に点在し、川辺の公園も整備され、若洲、辰巳の森、有明の森など憩いの場も整備されている。
内陸部は、東西に横行する永代通・葛西橋通・新大橋通・京葉道路・蔵前橋通と、南北に縦行する清澄通・三つ目通・四つ目通・明治通・丸八通に幹道沿いはマンションが立ち並んでいる。
また区では中層マンションには国の規制より厳しい高さ制限を条例化しているが、高層タワーマンションは推進しており、とくに幹線道路や水路沿いに多くのタワーマンションが建っている。江東区で比較的一戸建てが多いエリアは亀戸などの東部エリアだが、最近の新築分譲は3階建て一戸建てが主流になっている。

用地募集
このページのトップへ戻る